被災地ボランティア体験記24

先日、今年初のボランティアに行ってきました。

いつも行っている仙台の「ReRoots」さんが、冬のあいだお休みで、3月から再開されました。

本当は、4月に行こうと思っていたのですが、
3月で、復旧活動も収束するとのことで、急きょ、早めて行ってきました。



夜、仙台に到着し、
仙台駅

まずはそのまま、気になっていたところへ・・・。
仙台スイーツ
仙台駅近くのデパートで、仙台スイーツの販売が。

仙台の農産物や、仙台味噌を使ったお菓子たち。
仙台スイーツ2
仙台味噌を使った、フロランタン、美味しかった~


そして、次の日ボランティアに参加。
仙台3月7
ボランティアハウスから、みんなで自転車で移動~♪
今回の場所は、三本塚。

これまでも、何度も行った地域です。

今回の仕事は、雑草取りと表面のがれき除去。
雑草が結構しっかりと根付いていて、スコップで掘りながら、雑草を取る。
そして、同時に出てくるガレキも。
仙台3月4

仙台3月5

いつもは、土おこしでのガレキ取り(スコップを目いっぱい入れて土を掘り起こして、中のほうのガレキも取り除く)なので、表面だけの今回は、そんなに大変ではなかったけれど、
それでもこんな風に、たくさん。
仙台3月
石や、ブロック塀のかけらが多い。

そのあとは、ガレキを7種類に分別して土嚢袋に。
ちゃんと分別しないと、ごみ処理業者さんが持って行ってくれません。

仙台3月3
最終的に、こんなにたくさんの土嚢袋の山になりました。
雑草もきれいになくなりました。

この日、この場所は、15名弱で10m×10mくらいの範囲が終了。午前午後で、約5時間くらいかな・・・

1日かけて、この面積とは、ほんとに地道な作業です。
(それでも、土おこしではなかったから、進んだほう)


この作業を、震災から、3年、多くの方がReRootsさんのもとで行ってきました。
そのボランティアもようやく、終了。

これからは、
復興に向けて活動されていくようです。

今までみたいに、仙台に、ReRootsさんにお邪魔する機会が少なくなってしまうのは、
ちょっと寂しいけれど、嬉しいこと。
それだけ前に進んだということですから。

今後は、いろんな企画を計画されているようなので、参加できたらいいな~と思います。



毎回、仙台に行って、ボランティアに参加して、いろんなことを思いました。

何もない景色に、胸がギューッとするようなこともあれば、
野菜や、花が元気に育っている姿に、頑張っている農家さんの姿に嬉しくもなり、
自分もまだまだ頑張らないと!!と、元気をいただいたり、
他のボランティアさんの話に刺激を受けたり。
もっといろいろ。


若林区は、ボランティアに来るまでは、まったく縁のない土地でしたが、
何度も通うようになって、懐かしくもあり、
ほっとする場所にもなりました。


これで、終わりではなく、今後もこの繋がりを大事にしていきたいな、と思います。
そして、
復興を最後まで見届けられたらいいな、見届けよう、と思います。

仙台3月2
ボランティアハウスの近くで、農家さん。
奥は、海岸沿いの松林。
震災時の津波により、ほとんど無くなってしまっていますが。
農家さんの前に向かっている姿に、思わず撮りました。
(知らない農家さんですが・・・)


本当は、もう1日、ボランティアに参加する予定でしたが、残念なことに、次の日は雨。。。
1日のみの参加となりました。

でも、
新たな出会いもありました♪
それは・・・。

つづく。






  1. 2014/04/06(日) 21:35:25|
  2. 被災地ボランティア